転職して正社員としてのキャリアを重ねるための面接メンタル

挑戦することへの不安

可能ではあること

転職を検討することの目的に、異業種に挑戦したいという理由が存在するケースはとても多いです。
人間の一生は、常に同じ意志で行動できるというわけではありません。
幼いころに描いた夢が、思春期には変化し、就職活動の頃にはまた変化することは多くの人が経験していることです。
それを考えれば、就職してから数年経過して、やりたいことが変わってくる可能性は十分あります。
まして、十数年経過してきた頃にはその環状を騙しきれなくなっていることもあります。
そこで考えたいのが、異業種への転職は可能なのかということです。
やりたいことが変わってきたなら、ほとんどの場合はそのやりたいことに挑戦できる異業種に転職することを考えるところから始まります。
そして、実際に異業種への転職に成功させているケースは多々あります。
ですから、異業種に転職できるのかどうか、という観点から転職活動を考えると、可能だということになります。

マッチングとメリット

異業種への転職に挑戦したいときに考えるべきことは、いままでの経験が相手企業にマッチングするか、そして自分を採用してメリットはあるのか、ということです。
今までの経験値をどうやって活かすかは、今後のキャリア形成という観点からも見逃すことができないポイントです。
積み上げたものを活かせるように、やりたいことと取り扱っている業務がマッチしている企業であれば、特に転職に成功できる可能性は高いです。
また、仮に未経験の業種に挑戦するとしても、広い視野で仕事探しを行ってみると思っている以上に自分の経験を活かすことができる環境は見つかります。
ですから、マッチしそうな環境をじっくり探してみることは大切です。
また、異業種に挑戦するということは、転職希望者を採用する企業としては、業界未経験者を雇用するということでもあります。
企業にとって、自分という未経験者を雇ったときにどのようなメリットがあるのか、どのように貢献できるのか、そのあたりを真剣に考えて提案できることは、転職活動に欠かせないポイントです。
全く未知の領域ではなく、経験を活かして違った形で社会貢献できる道を検討するほうが、転職ルートとしては受け入れられやすいです。